0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア

2004年4月 56号(Vol.6,No.4)

  • A4変型 80ページ (判型/ページ数)
  • 2004年04月発行
  • 978-4-8180-1057-4
本体価格(税抜): ¥982
定価(税込): ¥1,080
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

ケアの標準化とは?

──その根拠をめぐる議論

2003年6月に出された厚生労働省「高齢者介護研究会報告書」には、“ケアの標準化”の必要性が謳われています。曰く、「○“ケアの標準化”は、効果的なケアの提供・選択を可能にするなど、サービス水準の確保・向上に寄与するものであるが、現在は、“ケアの標準化”が十分になされていない。○“ケアの標準化”のためにも、高齢者ケアを科学的アプローチにも耐えうる専門領域として確立していくことが求められる」。一方で、ケア(とりわけ看護)では個別性重視の実践が説かれ、単純な“標準化”“規格化”は逆にサービスの水準の低下を招かないとも限りません。つまり、ケアの標準化に際しては、一体、ケアという複雑系の実践のどの部分に焦点を当てるのか、議論する必要があります。少なくとも、これが費用効率の追究という経済的要因が第一義的になると、米国のマネジドケアの歴史が示しているように、ケアのタペストリーの破壊につながってしまいます。この特集では、そのような不幸な事態を招来しないように、“ケアの標準化”において可能なことと不可能なことを明らかにし、経済優先の“標準化”を阻止したいと考えています。


特集

ケアの標準化とは?
──その根拠をめぐる議論

座談会 ケアの標準化をめぐる課題
池田省三×上野千鶴子×広井良典×宮子あずさ×宮崎和加子

●ケアの標準化への2つの視点──For the Consumerと質向上/山崎摩耶
●ケアの標準化に欠かせない言語の標準化/山内豊明
●利用者アウトカムに基づいたケアの標準化/島内節
●在宅ケアにおける「ケアの標準化」のために/岡本祐三
●“標準”の分類と進化/橋本毅彦

SERIES
新連載 リレーエッセイ 生き抜く人々/村瀬孝生
H2O爺さん

連載
痴呆の人の生命・生活・人生を支えるためのステージ・アプローチ
──点の関わりから線の関わりへ/大谷るみ子
「痴呆ケアコミュニティ」のつくり方・進め方[大牟田市の取り組みその1]

地域ケア・在宅ケアの論点/小西美智子
ケアの根拠としての粘着テープ剥離方法の研究

日野原重明の“一緒に学ぶケアカンファレンス”
熱発を繰り返し、食欲のない利用者への看護介入を考える

エキスパートに聞く Q&A在宅ケアの専門技術と知識/遠藤ゆかり・星野陸夫
小児訪問看護<その2>

健康増進・障害予防に向けた 高齢者ケアの新たなる取り組み/鈴木みずえ・大山直美
意図的タッチ~ケアとして用いる手法


コラム

ニュース手帳/今月のCLOSE UP NEWS/渋川智明
介護輸送が公的に認可

Review City/池田省三
生活コストは利用者の自己責任の方向へ

介護保険おさらい帖/山崎摩耶
介護保険と身体障害者制度のマリアッジは可能か?

厚生労働省発 介護保険最新mail/渡辺由美子
介護予防重点推進本部の設置について

訪問薬剤師による とっておき 薬の使い方/横田武治・芦田マサ子
在宅中心静脈栄養法(HPN)の薬と管理

最新レポート ここまで進化している在宅医療機器/岩本ゆり
視線を使う意思伝達装置の登場 Eye-Can

ミネルヴァのナースたち/田中昭子
大学院に進学する時に大切なこと


C.C.REPORT

コンパニオンアニマルと暮らす
~在宅高齢者のIADL維持・向上のために/齊藤具子

カナダ・カルガリーの地域ヘルスケア2
~カウンセリング中心の精神科外来とナースがマネジメントする外来クリニック
/小林奈美・宮島朝子

介護保険サービスの隙間を埋める聞き書きボランティア
/久保野イツ子

PEOPLE
行政の現場で活躍する初の地域看護専門看護師
~和田昌子さん

カテゴリ一覧

ページトップへ