0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア

2003年8月 47号(Vol.5,No.8)

  • A4変型 88ページ (判型/ページ数)
  • 2003年08月発行
  • 978-4-8180-1012-3
本体価格(税抜): ¥982
定価(税込): ¥1,080
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

グループホームにおけるターミナルケア

 グループホームが急増していますが、今後、入居者が年をとって、ADLが低下してきた時、またターミナルの状態になった時にどうするかという問題があります。すでに一部のグループホームではこの問題に対応してきています。本特集では、そのグループホームの対応を紹介します。また、厚生労働省の研究会のリーダーとして、グループホームのターミナルケアの問題に取り組んでいる川崎幸クリニックの杉山孝博先生に今後の取り組みについて解説していただきます。



特集
グループホームにおけるターミナルケア

グループホームにおけるターミナルケアの今後/香取照幸
グループホームが取り組むターミナルケアとは/杉山孝博
「グループホームで死にたい」は本当?──八戸「つむぎの家」見聞記/牧太郎
職員には豊かな死生観が必要~平和が丘ケアホーム(宮崎県宮崎市)/吉村照代
ターミナルケアは自然な形で~グループホーム「ひまわり」(岩手県大船渡市)/内出幸美
家族とともに支えるターミナルケア~函館あいの里(北海道函館市)/林崎光弘
ターミナルは目的ではない~グループホーム「いくし」(愛媛県松山市)/喜井茂雅

新連載
地位ケア・在宅ケアの論点/小西美智子
地域における脳卒中患者発症の分析

連載
連携のある高齢者ケアを~自治体の挑戦
在宅介護支援センターのインフォーマルサポート支援~松戸市在宅介護支援センター
日野原重明の“一緒に学ぶケアカンファレンス”
入浴を嫌がる痴呆高齢者への清潔ケアを考える
在宅ケアに役立つとっておき!クスリ・治療の知識/川人明・佐々木睦美
高齢者の糖尿病
「事例」と「カンファレンス」で振り返る在宅ケア“実践テクニック/小西優子
いつ・何を・どう報告書で伝えるか
在宅ケアの探究者たち──その人と言葉/宮崎和加子・竹森志穂

コラム
ニュース手帳/今月のCLOSE UP NEWS/渋川智明
施設か在宅かの類型見直しへ
Review City/池田省三
考えたい施設での利用者負担
Review Society/日比野守男
茶番劇の「カルテ開示検討会」
介護保険おさらい帖/山崎摩耶
ケアマネジャーの研究課題とエビデンス
厚生労働省発 介護保険最新mail/藤原禎一
2015年の高齢者介護(その2)
C.C.なんでも質問箱/回答者:種田明生
オムツ皮膚炎の利用者さんがいる。なかなか治らず、困っているが……
エッセイ牧太郎の街角スケッチ/牧太郎
家族の詩

C.C.REPORT
エンゼルメイクの可能性──自然な装いが死者の尊厳を守る/小林光恵
賭けないマージャンで介護予防~品川いきいき健康マージャン広場/国原徹

カテゴリ一覧

ページトップへ