0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

刷新してほしい患者移動の技術

患者・看護師・医療者を身体損傷や医療事故から守るために

  • 英国腰痛予防協会 編集 英国王立看護協会 協力 加藤光宝 監訳 竹花富子・福元ゆみ・渡部富栄 翻訳
  • A4 340ページ (判型/ページ数)
  • 2003年06月発行
  • 978-4-8180-1005-5
本体価格(税抜): ¥4,500
定価(税込): ¥4,950
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

 高齢化・重症化が進む日本の医療現場では、患者をどのように移動させるかは本来とても重要な課題です。本書は、この分野で最先進国である英国の看護協会と腰痛予防協会が協力し、看護学と人間工学でトップクラスの英知を結集してつくりあげた「患者移動の技術書」です。いま行っている患者移動の技術がいかに危険性をはらんでいるか、いかに不適切な環境下で行われているかに気づかされます。患者移動に伴う事故を防止するために、ぜひ常備いただきたい一冊です。


第1部 安全な患者移動のための指針の導入
法的責任と専門職の責任/安全な患者移動のための指針/看護師の腰部損傷─人間工学と疫学/腰痛の生体力学/人間の動きの生体力学/効率的な操作と移動法─神経筋中心のアプローチ/管理者の責任/腰痛ケアアドバイザー養成カリキュラム/産業保健サービス部─職場での腰痛予防・治療戦略 ほか

第2部 安全な患者移動の実際
マニュアル操作による移動とリフティングによる移動/ベッドとベッド上での移動方法/起座と起立/排泄と更衣/シャワー浴と入浴/特別な状況下での移動方法/乳幼児の移動方法/転倒しそうな患者、転倒した患者と歩行介助/緊急時の対処法/実際に行われている危険な持ち上げ方法 ほか


カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿