0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

平成20年版 看護白書

  • 日本看護協会 編
  • B5 304ページ (判型/ページ数)
  • 2008年10月発行
  • 978-4-8180-1363-6
本体価格(税抜): ¥2,945
定価(税込): ¥3,240
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

日本看護協会で取り組んでいる「看護職確保定着推進事業」で、多様な勤務形態導入によるワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現を目指し、先行施設にヒアリングを行い、導入モデルの作成を進めています。
『平成20年版 看護白書』では、「看護職が働き続けられる職場づくり」のために、変革にチャレンジする施設の参考となるよう、多様な勤務形態の導入を推進・実施する当事者である経営者・管理者としての院長、事務長、看護部長の立場から理念・哲学を論じていただき、また導入を成功させている先行事例14施設を立地条件別に取り上げました。制度の導入にあたって、公平性のある処遇・待遇、運用にあたっての意識変革の働きかけ、導入の効果など、具体的に取り組んでいる多くのヒントとノウハウを紹介しています。
これから看護職定着の変革にチャレンジする施設の看護管理者はもとより、院長、事務長など経営者・管理者の方にも大いに活用していただきたい内容です。


●総論
1 なぜ、多様な働き方が必要なのか
2 国の取り組み-仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて
3 民間企業の取り組み-企業と従業員の「win-win」をもたらすために
4 看護労働環境の現状-バーンアウトを中心に
5 海外の動向-オーストラリア・ビクトリア州の取り組み

●各論
【第1部】私が多様な働き方をすすめる理由(わけ)
[1]院長の立場から
1 看護職の定着は病院活性化の要
2 人材確保は病院運営の根幹的課題
[2]事務長の立場から
1 変化する看護業務への対応
2 働きやすさの演出で、患者の満足、経営面の満足を導き出せる
[3]看護部長の立場から
1 多様な働き方で、看護職を楽しく続けてほしい
2 優しい人間関係と看護の面白さに焦点あてた環境づくり
3 仕事のやりがいが感じられる組織づくり

【第2部】 先行事例から見えること
多様な働き方を促進する施設へのヒアリング結果

【第3部】 先行事例から取り組みのヒントを学ぶ
[1] 交通の便などから看護職の採用が地元在住者に限られる地域に位置するケース
  1 芳賀赤十字病院/2 東埼玉総合病院/3 小林記念病院
[2] 近隣に同規模の病院が少ない地域に位置するケース
  1 旭川医科大学病院/2 佐久総合病院/3 萩市民病院
[3] 大都市に位置するケース
  1 NTT東日本関東病院/2 北野病院/3 大阪厚生年金病院
[4] 大都市の衛星都市に位置し、かつ近隣に病院が多いケース
  1 川越胃腸病院/2 川崎幸病院/3 高槻病院
[5] 地方都市に位置し、かつ近隣に病院が多いケース
  1 旭山病院/2 福井県済生会病院

●補論:看護職確保対策と日本看護協会の広報活動

●資料編

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿