0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

インターナショナル ナーシング レビュー

108号(Vol.25,No.5/2002年)

  • A4変型 80ページ (判型/ページ数)
  • 2002年09月発行
本体価格(税抜): ¥982
定価(税込): ¥1,080
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

政策を動かす看護研究

看護には、クライアントのために優れた実践を行うと同時に、よりよいケアを提供するために、看護の視点から提言を行い、政策を変えていくという役割もあります。本特集は、政策を変えていくためになぜ看護職の行う研究が必要であるかを考えるものです。事例では海外の例なども含め、看護研究がどのように政策決定のプロセスに活用されたかをまとめます。


特集
政策を動かす看護研究
看護研究が医療政策に果たす役割/B. マローン
議員立法における看護の調査・研究の役割/清水嘉与子
看護の裁量権拡大のための調査・研究の役割/山本あい子
24時間連絡体制加算実現への過程と看護研究の役割/中川泉
診療報酬改定に果たした日本看護協会の調査・研究の役割 夜間勤務等看護科加算を例に/奥村元子
イギリスにおける看護師の処方権/M. ジョーンズ
看護研究の役割:APNのケアに医療費保険適用を受けるために/C. M. フェイガン

from International Nursing Review
●INTERNATIONAL PERSPECTIVES
ICN機関誌International Nursing ReviewのINTERNATIONAL PERSPECTIVES欄から,世界のニュースをお伝えします。
●INR SELECTION & ABSTRACT
ICN機関誌International Nursing Reviewより選りすぐった論文と,その他の論文の要約をお伝えします。

好評!オリジナル連載
●ICNP(R)を日本で活用するために
国際看護師協会のビッグプロジェクトICNP(R)への日本からの提言。
●CLINICAL NEWS
American Journal of Nursingの NEWS欄からの記事を中心とした、臨床に密着した最新のニュース。
●21世紀世界展望 各国看護雑誌編集長からの手紙
世界各国の看護雑誌編集長が、その国看護の状況や課題などを解説。

カテゴリ一覧

ページトップへ