0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

インターナショナル ナーシング レビュー

107号(Vol.25,No.4/2002年)

  • A4変型 80ページ (判型/ページ数)
  • 2002年06月発行
本体価格(税抜): ¥982
定価(税込): ¥1,080
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

リスクマネジメントの新たな展開

事故後サポートの実際

 医療・看護事故の報道が増え、一昨年来、医療界はさまざまな事故防止の取り組みを進めてきました。しかし、その一方でミスをした当事者を責め立てたり、ミスが起きたことで過剰な事故防止策を現場に求めたりすることで、現場の医療職と管理者との関係に軋轢が生じているとの意見もあります。
 そこで本特集では、適切な事故後の対応を、特に当事者や周辺スタッフへのサポートに焦点を当て、経済的・精神的・法的視点からそのあり方を考えていきます。


特集
リスクマネジメントの新たな展開
事故後サポートの実際
事故後の看護師に必要なもの---実務的サポートと精神的サポート/鮎澤純子
ベスイスラエル病院の事故後のサポート/J. ブロック
アメリカでの事故当事者への精神的サポート/C. カークパトリック
リスクマネジメントコンサルタント会社の役割/R. スタンヨン
事故後の精神面でのサポートを考える--リスクマネジャーの持つリエゾン機能/釜英介
管理者の立場から事故後の長期的な建て直しを考える--3施設へのインタビューを基に/村上美好
【座談会】看護職個人の責任はどこまで問われるのか/寺井美峰子・深谷翼・松月みどり・森山弘子

カテゴリ一覧

ページトップへ