0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア

2002年7月 34号(Vol.4,No.7)

  • A4変型 88ページ (判型/ページ数)
  • 2002年07月発行
  • 978-4-8180-0924-0
本体価格(税抜): ¥982
定価(税込): ¥1,080
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

避けたい、させない

高齢者の転倒ケア

 高齢者が転倒することで、日常生活機能の自立やQOLが阻害されることはよく知られることですが、施設に比べ在宅での予防対策は十分になされているとはいいがたい状況です。

 また、高齢者は在宅での転倒危険因子に「気づいていない」ことが多く、それを知らせることが転倒予防の第一歩となります。その点では、ケアマネジャーや訪問看護師は、在宅での高齢者転倒ケアを担う存在であると言えるでしょう。

 特集では、高齢者の転倒予防を研究し、病院での「転倒外来」や地域での「転倒予防教室」で効果を上げている東京都老人総合研究所の取り組みを中心に、転倒予防教室の実際、家庭でできる転倒予防体操、そして痴呆と転倒の関係を解説します。


特集
避けたい、させない
高齢者の転倒ケア
<総論>
高齢者の転倒の現状とその後の影響/鈴木隆雄
<解説>
(1)高齢者の転倒予防の最新知識/金憲経
(2)転倒後の高齢者に対する心理的ケア/鈴木みずえ
<事例>
(1)今からでも遅くない65歳からの体力づくり/前原知恵美
 ~横浜市西区の転倒予防教室の取り組み~
(2)地域ぐるみの転倒予防/石垣和子・兼子いづみ
 ~浜松市の転倒予防教室の取り組み~
(3)こうして予防体操の効果がみえた/高崎絹子・中田晴美・三村洋美・有馬亜希子
 ~東京都板橋区の転倒予防教室の取り組み~
<提言>
痴呆と転倒をどう考えるか/鎌田ケイ子

C.C.interview
いま、ここで
「介護は母と向き合う時間をプレゼントしてくれました」
作家 落合恵子さん

グラフ
ケアのある風景/榎並悦子
民宿でサテライトデイサービス!
飯山市社会福祉協議会

コラム
ニュース手帳/今月のCLOSE UP NEWS/渋川智明
有料老人ホームの新ガイドライン
Review Government/宮武剛
税金はピンハネか、入場料か
Review City/池田省三
ケアマネジャーが尊重すべきもの
介護保険おさらい帖/山崎摩耶
介護保険3年目の事業ポイント
厚生労働省発 介護保険最新mail/樽見英樹
全国介護保険担当課長会議
リレーエッセイ私はケアマネジャー/遠山美樹
超へき地? 小笠原の介護事情
リレーエッセイ訪問看護ステーションだより/櫻井栄子
手話の歌を広めたい!

連載
エッセイ牧太郎の街角スケッチ/牧太郎
歯科医師が読む「老人の心理」
ホッとtimeリフレッシュメント/宮川健
ジワーッと伸ばすストレッチング!──疲れた体に効果あり
在宅ケアに役立つとっておき!クスリ・治療の知識/川人明・佐々木睦美
「おしっこが出ない」さあどうする!?
「事例」を通して考える在宅ケア“実践”テクニック/山藤里美
疼痛を伴うがんのターミナルケア
より良いケアプランづくり/山下いづみ
遠距離介護のSさん
援助を拓く家族アセスメント/渡辺裕子
療養者との関係がうまくとれず家族を援助できない
訪問看護ステーションの経営診断術/小山秀夫
訪問リハビリチームと訪問看護の連携をどうするか
在宅ケアの探究者たち──その人と言葉/宮崎和加子・竹森志穂
フロレンス・ナイチンゲール<その4>

C.C.REPORT
ここが変わった 要介護認定一次判定ソフト 前編/山口淳一
ケアプランは自分でつくれる/島村八重子
──全国米ケアプラン・ネットワーク

カテゴリ一覧

ページトップへ