0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア

2002年6月 33号(Vol.4,No.6)

  • A4変型 88ページ (判型/ページ数)
  • 2002年06月発行
  • 978-4-8180-0922-6
本体価格(税抜): ¥982
定価(税込): ¥1,080
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

訪問看護の質を自己評価する

「平成13年度版日本看護協会訪問看護質評価基準と自己評価票」から

 訪問看護ステーションの数は年々増加傾向にあり、現在全国で5,000カ所を超えました。地域で選ばれるステーションになるためには「質」を高めることが求められます。日本看護協会では従来より訪問看護の質に関する評価基準の検討を行っており、このたび「平成13年度版日本看護協会訪問看護質評価基準と自己評価票」が作成されました。訪問看護の質の考え方を捉え直すとともに、作成の経緯、評価結果の見方、モデル事業に参加したステーションの報告、厚生労働省の提言、自己評価票等を掲載します。


特集
訪問看護の質を自己評価する
──「平成13年度日本看護協会訪問看護質評価基準と自己評価票」から
〈総論〉
訪問看護の質評価の構造/高崎絹子
〈解説〉
日本看護協会の訪問看護自己評価モデル事業と質評価基準/山崎摩耶
〈資料〉
自己評価票とレーダーチャート
〈自己評価を受けてみて〉
1.福岡県看護協会訪問看護ステーション「くるめ」/荒巻初子
2.茨城県看護協会土浦訪問看護ステーション/矢口美恵子
〈提言〉
訪問看護が発展するために/金子あけみ

C.C.interview
いま、ここで
「生きていることって、希望と勇気をもっていることなんだ」
漫画家 いさやまもとこさん

グラフ
ケアのある風景/榎並悦子
在宅ターミナルケアを担う人々
グループ・パリアン

コラム
ニュース手帳/今月のCLOSE UP NEWS/渋川智明
施設経営収支プラス
Review Government/宮武剛
「3点セット」の末に方向が見える
Review City/池田省三
介護保険のデータが「福祉」を変える
介護保険おさらい帖/山崎摩耶
要介護認定の一次判定ソフト改定モデル事業始まる
厚生労働省発 介護保険最新mail/樽見英樹
4月にまとまった諸調査
リレーエッセイ訪問看護ステーションだより/石口房子
ホスピスボランティアの活動から──グリーフケアの学び
ケアマネwho'swho/加藤民子さん

連載
エッセイ牧太郎の街角スケッチ/牧太郎
障害を乗り越えたゴルファー
編集長インタビュー・コミュニティケアを担う人々
大和医療福祉センター保健師長/長谷川まり子さん
ホッとtimeリフレッシュメント/木村一彦
1日のスケジュールに休憩時間の優先マークを
在宅ケアに役立つとっておき!クスリ・治療の知識/川人明・佐々木睦美
「血糖が低い」気をつけることは?
「事例」を通して考える在宅ケア“実践”テクニック/小西優子
大切なリハビリの“動機付け”
より良いケアプランづくり/高澤康子
訪問介護で複数の事業者が関わったIさん
援助を拓く家族アセスメント/渡辺裕子
自閉症者とひきこもりの息子を抱え、閉鎖的な家族。援助のタイミングは?

C.C.REPORT
介護保険施行前後の介護者の介護負担感の変化/本間昭
高齢化に関する世界会議開催。国際行動計画が決まる/溝田弘美
こんな施設に行ってみたい4──川崎田園都市病院
「お見舞いに来たくなる病院」/和田ちひろ

カテゴリ一覧

ページトップへ