0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護の力 女性の力

ジョアン・アシュレイ論文・講演選集

  • カレン・アン・ウルフ 編集 日野原重明 監訳 山本千紗子 翻訳
  • B5 408ページ (判型/ページ数)
  • 2002年02月発行
  • 978-4-8180-0893-9
本体価格(税抜): ¥2,800
定価(税込): ¥3,080
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

1980年、看護界の若き指導者ジョアン・アシュレイが乳ガンのため41歳で亡くなった。看護、医療、そして社会へ熱いメッセージを送り続けた闘士の惜しまれた死である。フェミニストであるナース=ジョアン・アシュレイは、男性優位の現代社会、医師主導の現代医療へ果敢にも挑戦を続けた。本書は、よりよい看護、よりよい医療システムの実現と社会変革を求めて、看護職と女性の地位獲得を訴え続けた彼女の講演と論文を集めたものである。


第1部 看護の力と政治の力
看護の力─私はこう信じる/看護における力と自由と専門的実践/女性と政治過程─女性の社会的影響力のきのう・今日・明日/アメリカ式ヘルスケア─すばらしき無秩序/看護の力─その生きる力・バイタリティー・目に見えるもの/看護の力とヘルスケア改革─一七七六年の精神/看護のプロフェッショナリズムと法律/看護のエネルギーの結集と建設的行動─全国レベルと地方レベル
第2部 フェミニズムと看護
看護と初期のフェミニズム/構造的女嫌い─ケアの方策への影響
第3部 歴史的思考と看護
学問の基礎─看護における歴史的思考/看護見習い制度の神話と現実─パターナリズムの真相
第4部 新しいナースのための新たな展望
看護に生まれる新たな広がり─タイムリーな始まり/看護をピンで束縛する神話と象徴 ほか

a

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿