0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナーシング・トゥデイ コレクション No.18

患者さんを全人的に捉える

24の家族物語

  • 安部譲二、内田春菊、落合恵子、森まゆみ ほか著
  • 四六 208ページ (判型/ページ数)
  • 2001年09月発行
  • 978-4-8180-0862-5
本体価格(税抜): ¥1,800
定価(税込): ¥1,980
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

近年、医療現場では、治療効果を上げるため、または患者家族の健康や生活を守るため、家族の方々を支援したり、時には治療に参加していただくようになってきました。看護職には患者さんを全人的に捉えることが求められます。本書は、変化する日本社会の中で、新たな「家族の多様な見方」や「人間の見方」を見いだせるようなエッセイを24人の方に、それぞれの視点からご執筆いただいたものです。


第一章 家族のかたち

家族からもらった幸運――僕が親分になれなかった理由/安部譲二
私にとっては/内田春菊
今,想う父の姿/飯星景子
〈家族〉という不思議な球体/見沢知廉
母と三姉妹との電話と距離/白石公子
「コミュニケーション」する家族/向井万起男
再構築された家族/石川弘義
家族へのおもい/安西水丸
僕と〈家族〉たち思い出の中にみえたもの/内田かずひろ
家族はいないけど/松本賢吾
オッサン一名,猫一匹―心静かに暮らしたい/寒川猫持
有縁を大事に/林郁
夏つばき咲いて―父さんありがとう―/高橋穏世
「家族」ファンタジー/伊藤悟

第二章 家族を考える

血縁と結縁の家族 ―あるいは心の居場所について/落合恵子
のんきな母さん/森まゆみ
21世紀の家族―地球家族への希い/吉岡ルイ子
家族はアリガタイ/坂田 明
激流に漂う家族/鎌田 慧
家族は自在変化のユニットだ/まついなつき
家族 ―一番大切にしたい人間関係/吉成真由美
変わる日本の家族/マークス寿子
「葛藤の場」としての家族/久田恵
「ひとり」と「家族」のあいだ/川本三郎

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿