0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護技術学習支援ビデオシリーズ

基礎看護学 第11巻

与薬 ―安全な与薬ケアのために―(

  • 1999年12月発行
  • 978-4-8180-0722-2
本体価格(税抜): ¥6,873
定価(税込): ¥7,560
在庫: 絶版
カートに追加しました。
カートへ進む


 与薬は医師の指示に基づいて実施する診療の補助行為で、実施にあたっては、実施者の責任において注意義務を果さなければなりません。そのためには優れた判断能力と確実な実践能力が求められます。与薬は極めて日常的な業務ですが、生死に関わる重大な事故につながる場合も少なくありません。看護職者が実践する診療補助行為の中で、最も多く発生している事故が与薬に関するものです。与薬ミスを絶対に起こさないためには、日頃から薬の作用、副作用、与薬方法などについて学び、実施にあたっては医師の指示確認、患者の氏名と薬のラベルの一致、適切な与薬方法の選択など、専門職として欠いてはならない要件を実行する他、二重三重のチェックシステムを作り活用することが必要です。
この巻では、過去に起きたいくつかの与薬事故例を再現し、「安全な与薬」を目指した方法を提示しました。学習のポイントは次のとおりです。
○ 患者の状況に応じた適切な与薬の方法について学ぶ。
○ 患者にとって安全で苦痛が最小限になるような注射の方法・手技について学ぶ。
○ 患者が安全に安楽に点滴静脈内注射を受けられるよう援助する方法について学ぶ。
 このビデオでは、特に、事故事例場面に注目して事故原因を確認し、事故を防止するためにどうしたらよいか、また、組織としてはどのように対応すべきかを考えてみてほしいと思います。その上で、万一事故が発生した場合の適切な対応はどうあるべきかについても学んでほしいと思います。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿