0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護技術学習支援ビデオシリーズ

精神看護学 第3巻 

セルフケアの拡大に関する技術

  • 1999年12月発行
  • 978-4-8180-0755-0
本体価格(税抜): ¥6,873
定価(税込): ¥7,560
在庫: 絶版
カートに追加しました。
カートへ進む

 この巻では、セルフケアを育み、拡大していく方法と看護職者の役割を紹介します。セルフケアを援助していく上で重要なことは、その人らしい生活を回復・獲得していくように支援すること、その人を一人の生活者として全体的に理解すること、またその人の生活の流れ、過去-現在-将来という時間軸の中でとらえることです。このようなセルフケアへの援助は、患者の精神症状だけでなく、これまでの生活歴や支えてくれる人、今回の悪化の原因、これからの生活の場など、広い視野に立ってセルフケアに関与している要因を常に念頭に置きながら、目標、計画を考えていく必要があるのです。セルフケアの拡大に関する技術で重要なことは、患者との信頼関係を築くこと、そして患者のセルフケアのレベルに適合した援助方法を選択することです。ビデオでは、事例を取り上げて再現ドラマやテロップを活用して、セルフケアのアセスメント、セルフケアの援助方法、そしてセルフケアを育て拡大していく関わりの技術を描写しています。
 さらに、事例を用いて、急性期と慢性期の看護のポイントの相違点を分かりやすく説明しました。急性期の状態では本人のぺースに沿いながら、本人の意志決定できる部分を大事にしながらいくつかの援助方法を組み合わせていくことが最も重要です。また回復期においては見守りながらも本人らしさを発揮できるようなセルフケアへの援助を考えていく必要があります。どのような状態であろうと個々人が自分の意志で自分らしく自分のペースで生活を送っていくことができるようになることが「セルフケア」では最も重要といえましょう。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿