0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ
309件の商品が見つかりました

初期の看護行政

看護の灯たかくかかげて

  • 金子 光著
  • B5 464ページ (判型/ページ数)
  • 1992年11月発行
  • 978-4-8180-0358-3

定価(税込): ¥8,010

本体価格(税抜): ¥7,282

在庫: 品切


看護職の資質の向上と看護の独立を最大目的とした保助看法はいかにして生まれ、草創期の嵐の中でその理想はいかに守り育てられたか。多くの先達の渾身の努力と英知の軌跡を証言と資料でたどります。


  • 日本看護協会編
  • B5 158ページ (判型/ページ数)
  • 1992年09月発行
  • 978-4-8180-0365-1

定価(税込): ¥2,097

本体価格(税抜): ¥1,906

在庫: 絶版


研究者にとって文献検索は欠かすことのできないものである。研究も志す全看護職必携の書である。過去の論文をすべて収録。


私たちの法律(オンデマンド版)

改訂第4版

保健婦助産婦看護婦法を学ぶ

  • 清水嘉与子 著
  • A5 356ページ (判型/ページ数)
  • 1992年07月発行
  • 978-4-8180-1429-9

定価(税込): ¥4,785

本体価格(税抜): ¥4,350

在庫: 品切


長く看護行政の中枢にあって看護の法的・行政面に通暁する著者による「保助看法」解説の決定版。単なる逐条解説ではない実践家・実務家向けの必携書。


VIRGINIA HENDERSON

ヴァージニア・ヘンダーソン

90年のあゆみ

  • ジェイムズ P. スミス著 小玉香津子・尾田葉子訳
  • A5 224ページ (判型/ページ数)
  • 1992年05月発行
  • 978-4-8180-0341-5

定価(税込): ¥2,136

本体価格(税抜): ¥1,942

在庫: 品切


ヘンダーソン女史の90年に及ぶ生涯をたどりながら彼女の業績と人間像を見事に描きあげた傑作評伝です。『看護の基本となるもの』など、ヘンダーソン看護論の真髄を学ぶために欠かせない一冊です。


  • 小六英介著
  • 四六 240ページ (判型/ページ数)
  • 1991年11月発行
  • 978-4-8180-0333-0

定価(税込): ¥1,888

本体価格(税抜): ¥1,716

在庫: 品切


現役のアナウンサーが、家族の入院経験をもとに、真に心をかよわすコミュニケーションの方法を語る。ことばのプロの眼と、患者家族の眼で書かれた、すべての看護職に捧げる「ことばのバイブル」


  • 寺本松野著
  • 四六 192ページ (判型/ページ数)
  • 1991年10月発行
  • 978-4-8180-0332-3

定価(税込): ¥1,678

本体価格(税抜): ¥1,525

在庫: 品切


自然や花々に心を寄せ、深々と呼吸して下さい。憩って下さい。そんな著者の願いで編んだエッセイ集。


看護専門職(オンデマンド版)

その法的基盤と職業倫理

  • 中平健吉 著
  • B6 266ページ (判型/ページ数)
  • 1990年04月発行
  • 978-4-8180-1417-6

定価(税込): ¥3,190

本体価格(税抜): ¥2,900

在庫: 品切


看護の専門性確立のために必要なものはなにか。職業倫理と看護の責任、医療制度における看護師の地位、看護業務の法的分析と患者との法的関係、医療事故訴訟における問題点を論ずる。


  • 前田清子著
  • 四六 256ページ (判型/ページ数)
  • 1990年02月発行
  • 978-4-8180-0196-1

定価(税込): ¥2,097

本体価格(税抜): ¥1,906

在庫: 絶版


中学の美術教師として教壇に立ったばかりの25歳の時から約20年間、著者はリウマチによる痛みと共棲している。姿をかえ、形をかえて襲ってくる痛みとの悪戦苦闘ぶりを患者の側から描出している。


増補版

現代看護の探究者たち

人と思想

  • 小林冨美栄・高崎絹子・小玉香津子他著
  • A5 304ページ (判型/ページ数)
  • 1989年09月発行
  • 978-4-8180-0015-5

定価(税込): ¥2,160

本体価格(税抜): ¥1,964

在庫: 絶版


13名の代表的な看護の理論家について、その人と生いたち、教育的背景、理論の特徴などを紹介し、各々の違いを明確に説明します。看護理論の入門書としてまさに最適です。


看護実践から看護研究へ

「看護のなかの死」から何を学ぶか

  • 薄井坦子著
  • A5 144ページ (判型/ページ数)
  • 1989年05月発行
  • 978-4-8180-0230-2

定価(税込): ¥1,068

本体価格(税抜): ¥971

在庫: 品切


どのように、看護実践のプロセスにひそむ法則性をみいだし、その一般化・体系化するのかを、すぐれた看護実践者・寺本松野氏の著作を素材に具体的に提示し、あわせて実践を導く方法を示唆する。


デス・スタディ

死別の悲しみとともに生きるとき

  • 若林一美著
  • 四六 304ページ (判型/ページ数)
  • 1989年04月発行
  • 978-4-8180-0083-4

定価(税込): ¥1,923

本体価格(税抜): ¥1,748

在庫: 品切


死がもたらす別れ――子を、親を、配偶者を失ったとき、その悲しみのなかで、人はどのように生きようとするのか。気鋭のジャーナリストによる心の襞を語ってくれた人々の生の記録です。


  • 渡辺和子著
  • A5 100ページ (判型/ページ数)
  • 1989年02月発行
  • 978-4-8180-0203-6

定価(税込): ¥880

本体価格(税抜): ¥800

在庫: 絶版


モノがあふれ時間に追われる現代。人間を、人生を、時代を透徹した眼でみすえるキリスト者としての著者が日常生活で生起する様々な出来事を素材に、看護職へ期待と警鐘をこめてまとめた人生読本。


  • V. ヘンダーソン著 小玉香津子訳
  • A5 216ページ (判型/ページ数)
  • 1989年01月発行
  • 978-4-8180-0003-2

定価(税込): ¥1,620

本体価格(税抜): ¥1,473

在庫: 品切


看護実践家として有名なヘンダーソンが、今日の看護過程の考え方への反省とその意義を問い直しながら、看護向上のために必要な資質と、基本的姿勢とは何かを語りかける論文集です。


  • マルグレッタ M. スタイルズ 著 小玉香津子・尾田葉子 共訳
  • A5 132ページ (判型/ページ数)
  • 1988年09月発行
  • 978-4-8180-1418-3

定価(税込): ¥2,255

本体価格(税抜): ¥2,050

在庫: 品切


看護教育と看護業務を規定する構造と規準についてICNが行った包括的な調査・分析に基づいた見解や勧告をまとめたレポート。看護制度のモデルを提示し、制度改革の指針を示す重要文献。


  • 国際看護婦協会 著 日本看護協会 編訳
  • A5 144ページ (判型/ページ数)
  • 1988年05月発行
  • 978-4-8180-1414-5

定価(税込): ¥2,310

本体価格(税抜): ¥2,100

在庫: 品切


国際看護師協会(ICN)がめざす理念と政策を示す重要文書集。看護師の規律、ICN所信声明、ICNガイドライン、ICN定款など収録。


吾 亦 紅 (われもこう)

お年寄りと家族の絆をみつめて

  • 阿部初枝著
  • 四六 234ページ (判型/ページ数)
  • 1987年09月発行
  • 978-4-8180-0120-6

定価(税込): ¥1,404

本体価格(税抜): ¥1,276

在庫: 品切


老人と家族の喜びと悲しみを家族の立場から綴ったショートストーリー58編。


  • 高橋シュン著
  • A5 96ページ (判型/ページ数)
  • 1987年06月発行
  • 978-4-8180-0199-2

定価(税込): ¥756

本体価格(税抜): ¥687

在庫: 品切


50年におよぶ看護婦としての著者の経験と理念から、看護行為を支えている三要素(精神・知識・技術)と看護ケアの意味をわかりやすく説き明かす。また看護婦の役割の特徴と役割機能についても論じた。


  • 飯塚スヅ著
  • 四六 350ページ (判型/ページ数)
  • 1987年05月発行
  • 978-4-8180-0044-5

定価(税込): ¥2,160

本体価格(税抜): ¥1,964

在庫: 品切


大正15年4月に看護婦となって以来、文字どおり昭和の看護をつくりながら歩んできた著者の、養成所時代から従軍看護婦、GHQによる看護改革への参画など、激動の看護昭和史を感動的に描く。


看護の原点を求めて

よりよい看護への道

  • 薄井坦子著
  • A5 168ページ (判型/ページ数)
  • 1987年04月発行
  • 978-4-8180-0198-5

定価(税込): ¥1,320

本体価格(税抜): ¥1,200

在庫: 有り


看護を学ぶ人にぜひ身につけてほしい科学的な実践方法論の成り立ちとその骨子を看護教師としての経験から論じました。看護の行為と看護の原理を問いなおすために最適の書です。


看護のなかの出会い

他者の皮膚の内側に入っていくための一助として

  • 菊地多嘉子著
  • A5 120ページ (判型/ページ数)
  • 1987年01月発行
  • 978-4-8180-0201-2

定価(税込): ¥864

本体価格(税抜): ¥785

在庫: 品切


看護は本質的に他者の重荷を分かち合う仕事であり、これを成し遂げるには他者の皮膚の内側に入っていく努力をし続ける能力を必要とします。本書は、この優れた看護の実現の一助をめざしました。




詳細検索

カテゴリ
書籍・雑誌名

※書籍・雑誌名は、シリーズ名・前副題・後副題でも検索が可能です。

著者名
特集名

※特集名(雑誌のみ)は、前副題・後副題でも検索が可能です。

ISBN

※ISBNは、半角英数の数字(0~9)またはハイフン(-)で入力して下さい。部分一致でも検索が可能です。

発行日

※発行日は、半角数字(0~9)で入力して下さい。発行期間(開始/終了)のうち、どちらか片方でも検索が可能です。

※カレンダー機能非対応の一部のブラウザで日付入力をする場合は「2019-10-01」等の半角ハイフン区切りで入力して下さい。

カテゴリ一覧

ページトップへ