0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ポストコロナ時代の「通いの場」

  • 近藤克則 編
  • B5 160ページ (判型/ページ数)
  • 2022年01月発行
  • 978-4-8180-2385-7
本体価格(税抜): ¥2,400
定価(税込): ¥2,640
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

感染症流行期・収束期においても、地域づくり・介護予防の取り組みを継続するには?

「通いの場」を地域に増やし、外出や運動、交流の機会を作り出すことによって、健康増進・介護予防を図るとともに、コミュニティの(再)構築を促す取り組みが全国で展開されている。しかし、COVID-19感染拡大により、その多くが活動停止を余儀なくされ、高齢者の心身の健康状態への影響が危惧されている。
本書では、日本老年学的評価研究(JAGES)の「通いの場」ワーキンググループと全国の市町村職員・住民をはじめとするさまざまな当事者による取り組み成果をもとに、感染症流行期・収束期においても、地域のつながりを保ち、介護予防事業を進めるヒントを紹介する。


第1章 「通いの場」の現状
第2章 これからの「通いの場」
第3章 政策動向と「通いの場」
第4章 多分野による連携
第5章 プロセスや効果の評価
◆現場によくある悩みと対処事例/各事例のポイント

カテゴリ一覧

ページトップへ


関連商品

住民主体の楽しい「通いの場」づくり

「地域づくりによる介護予防」進め方ガイド

  • 近藤克則 編
  • B5 120ページ (判型/ページ数)
  • 2019年03月発行
  • 978-4-8180-2187-7

定価(税込): ¥1,980

本体価格(税抜): ¥1,800


日本老年学的評価研究機構(JAGES)と全国の市町村職員・住民による20年間の取り組み成果をもとに、「地域づくりによる介護予防」の進め方を、具体的にわかりやすくガイド。