0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナーシング・トゥデイ

2008年10月臨時増刊号(Vol.23,No.12)

  • A4変 160ページ (判型/ページ数)
  • 2008年10月発行
本体価格(税抜): ¥1,800
定価(税込): ¥1,980
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

チームで行うがん化学療法

安全・安楽な治療と患者支援

 がん化学療法が患者に与えるさまざまな苦痛を最小限にして、安全な治療を継続していくためには、複数の専門職種がチームをつくり患者や家族を支援していくことが必要です。また、患者自身もチームの一員として安全・安楽な治療を受けるために行動していくことが重要になります。
 本特集では、安全・安楽ながん化学療法をチームで実践するために、各専門職種の役割を紹介するとともに、主要がんの最新治療とその看護について概説します。

監修:本山清美 静岡県立静岡がんセンター/がん看護専門看護師


第1章
総論
がん化学療法の歩みと臨床の動向
 山本 信之
 
第2章
各専門職種の役割
  1.医師の役割
朴 成和
2.看護師の役割
本山 清美
3.薬剤師の役割
鈴木 賢一/中垣 繁
4.栄養士の役割
稲野 利美
5.皮膚科医師の役割
清原 #夫
6.口腔外科医師の役割
大田 洋二郎
7.精神腫瘍科医師の役割
吉川 栄省
8.放射線腫瘍科医師の役割
西村 哲夫
9.緩和医療科医師の役割
安達 勇
10.心理療法士の役割
栗原 幸江
11.皮膚・排泄ケア認定看護師の役割
青木 和恵
12.チャイルド・ライフ・スペシャリストの役割
大曲 睦恵
13.在宅支援担当看護師の役割
入江 純子/濱田 由香
14.医療ソーシャルワーカーの役割
高田 由香

第3章
疾患別の治療

1.肺がんの化学療法
市川 靖子/岡本 勇
2.大腸がんの化学療法
福島 拓/布施 望
3.白血病の化学療法
畠 清彦
4.乳がんの化学療法
小谷 凡子/田村 研治
5.婦人科がんの化学療法
田辺 裕子/勝俣 範之
6.小児がんの化学療法
牧本 敦

第4章
疾患別の看護

1.肺がん化学療法の看護
矢ヶ崎 香
2.大腸がん化学療法の看護
遠藤 久美
3.白血病化学療法の看護
中島 和子
4.乳がん化学療法の看護
田墨 惠子
5.婦人科がん化学療法の看護
新貝 夫弥子
6.小児がん化学療法の看護
有田 直子/秦 裕美/植竹 千春

カテゴリ一覧

ページトップへ