0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナーシング・トゥデイ

2008年9月号(Vol.23,No.10)

  • A4変 88ページ (判型/ページ数)
  • 2008年09月発行
本体価格(税抜): ¥1,100
定価(税込): ¥1,210
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

早期対応と体制づくりで

廃用症候群は予防できる!

人間は、社会生活・日常生活を送る上で、身体的・精神的にも、さまざまな活動を行い、身体機能を適正に維持しています。ひとたび不動、不活動、臥床状態等に陥ると、筋力低下や関節拘縮を始め多くの機能障害(廃用症候群)を起こしてしまいます。特集では早期・急性期のうちから予防策を講じられるよう、チーム連携に必要な看護の役割や、予防に向けた看護師の関わり方などをご紹介します。

特集2:

どうしてますか?

グリセリン浣腸

2005年10月の厚生労働省の通達、2006年2月の日本看護協会の「緊急安全情報」により、立位によるグリセリン浣腸の危険性が指摘されましたが、現場では患者の希望などさまざまな理由から、未だに行われています。さらに、多くの教科書に記載されている浣腸挿入の深さ(6~10cmなど)もその安全性が疑問視され始めています。本特集では、立位や深い挿入が危険である理由を示し、浣腸実施時に本当に必要な観察ポイントについて考えます。

[編集協力]
日本看護技術学会グリセリン浣腸看護技術研究成果検討委員会


◆特集1
早期対応と体制づくりで
廃用症候群は予防できる!

座談会
これならできる、予防アプローチ
畦地萌/小松由佳/松本由美/熊丸めぐみ

課題編
早期取り組みが、できない理由は?/小松由佳

解決編1
廃用症候群を知る/尾野敏明

解決編2
症例から考えるケアの進め方とナースの役割
山本謙太郎/木村史良


◆特集2
どうしてますか?
グリセリン浣腸


◆topics

・「揺らぐ患者と医療者の関係に処方箋はあるか
 千葉大学医学部附属病院「Aiセンター」の設立1」/柳屋有里
・「「ビハーラ活動」による終末期ケア
 浄土真宗本願寺派が仏教ホスピスを開設」/市川良行
・「思いを政治の場に伝えよう!
 若手ナースによる初のポリナビワークショップ開催」/中村数子


◆連載

・グラフ:窓
 「独立行政法人国立病院機構災害医療センター」

・グラフ:同期ナース─3人それぞれの道
 「2004年、癌研有明病院」

・認定看護分野のトゥデイズ・ケア
「摂食・嚥下障害看護 / 皮膚・排泄ケア」/ 浅田美江・ 中川ひろみ


・連載
シミュレータを活用した看護技術指導
「場面で学ぶ⑤病室での急変を想定した心肺蘇生5
 (チームダイナミクス編)」
/安井清孝
・皮膚・排泄ケア 最前線
「GVHD1病態生理」 /城戸真希子 ・古江増隆
・新連載 新薬の光と影
「チャンピックスィ(R)[ ニコチン依存症 ]」 /中原保裕 ・中原さとみ


・最新研究レビューの要点
「トイレットトレーニングはいつから始める?」
/西田みゆき
・注目の医療最前線
「一般病棟でできる、看取りまでの段階的なサポート」/知覧俊郎
・アメリカ医療・看護最新事情
「ファーストネームか敬称か?―名前の呼び方・呼ばれ方」
/スザンヌ・ゴードン
・行ってきました、専門外来
「依存症外来」
/大石クリニック
・一歩すすめば。/テルモ(株)プログラムマネジャーの星野早苗さん
・リレーエッセイ がんとともに生きる
「もっと笑顔を」/山田泉

・「看護」創刊60周年記念フォーラム開催!!
・Book Review/石川れい子
・ニュースダイジェスト
・読者からの手紙
・控え室でつぶやいて
・ナースるりかさん/いしはらりえこ


カテゴリ一覧

ページトップへ